【続・119日目】絶望ヒルクライム

晴天の中、御釜を目指すも…

待っていたのは絶望ヒルクライム。







どうも、hina8maです。



ついにこの記事がやってきました〜。
肉体的にも精神的にも一年目のピークは渋峠、そして二年目のピークはこの日の蔵王エコーラインではないかなと思っています。旅の日々は毎日がとてもかけがえのない日にはなりますが、この日が今後の旅路を左右しただろうと思えるような日が幾つかあります。

その一つが今回のお話です( ^ω^)
この日の悔しさが後々に繋がっていると今でも思えますね。

 

今回は2015年9月28日のお話です。
※日本一周の旅は既に達成し、当時を思い返しながらの更新となります。




安定の地面にて起床…( ^ω^)





朝はがっつりとカレー。
昨晩はほとんど食事を摂らなかったので、しっかりとお米を食べて出発です。





出発して程なくして蔵王町へ

カントリーサインには蔵王連峰と御釜が描かれてますね。
湖が大好きなので、宮城に来たらここは絶対に行きたいと思っていた場所です。
数日前から天気サイトと睨めっこしつつ、この日のド晴天に合わせてやってきたという訳です(*´∇`*)




ただ問題はこの蔵王エコーライン…

国内屈指の超級ヒルクライムコースとしても有名な道。
平均斜度7.1%、最大斜度12.0%と意味不明なこと抜かしてます(;´Д`)
もうね、峠とかぶっちゃけ嫌いなんですけどね、見たいもんは見たいんですよ。笑

 

すごく…遠いです…。
しかし腹を括るしかないでしょう、逝きます。



遠刈田温泉を超え、赤い鳥居が目印。


いきなりぶっ飛んだ斜度で休憩しまくりです(;´Д`)



カーブもありますが、直線が多くかなりキツイです。


キツイです!(真顔)




早くもノックダウン…。

正直コレは後から見返してもホント酷いなぁ。笑
まだ標高差300mぐらいしか登ってないはずなのに、異常に体が重くお話にならない状態になってしまいました。とにかく回復しようと補給食を口に含み、ベンチに横たわって少し眠ってみます…( ^ω^)

あ、ちなみに不動滝とかいう滝のすぐ近くにある場所で休んでたんですが…



ビュースポットがすこぶる微妙でした。

もう少し手前に日本の滝百選の一つである三階滝があるんですけど、滝見台からはこの不動滝よりもさらに遠望でしか見れず、景観に背中を押される展開もなく苦痛なだけのヒルクライムとなっています。そして体力も大して回復しませんでした…(白目)



ひたすらに…


ただひたすらに…


坂を…


激坂を…


登らされます。

ずっと前から自転車を手で押すことしかできなかったです。
もう何度も言ってきてますけどね、手押しすると腕が捥げそうになるんですよ。
一年目の渋峠と全く同じ展開です。そしてあの時と違うのは天気が晴天である事でした。
自分が坂を登りきる体力と脚力さえあれば、きっと素晴らしい景色が待っているだろうと思うと悔しくて悔しくてたまりませんでした。




そして日没が近づき…。


こまくさ平と呼ばれる場所で中断する事に。

無念です。せっかくの晴天を生かせなかった。
ただこれ以上先に進んでも頂上の御釜へはリフトか登山でしか行けず、時間を考えたら今日中に到達は不可能と判断しました。ただ手持ちの食料も少なく、水も尽きかけていたのでここで来た道を引き返すか本気で悩みました。



しかし神は言っている…
ここで引き返すべきではないと…

この蔵王エコーラインなのですが、そのまま頂上から道なりに進むと山形へ抜けられるんですよ。山形側から御釜を目指し、そのまま宮城側に下って来たしんちゃんとここでまさかの再会となりました。Twitterでお互いに双方から登ることが分かっていたのでできれば頂上で落ち合おうと話をしていたんですが、僕がこんな状態だったので…

しかししんちゃん、寒そうである…( ^ω^)

それもそのはず気温は一桁しかなく、もういろんな意味で絶望していたのでここでしんちゃんと会えてホント良かったです。 ガタガタ震えるしんちゃんをキャッチ&リリースし、今度こそホントにお別れ!バイバイ!



水や食料を分けてもらえて明日に繋げることが出来ました…。

御釜は絶対見たかったので、 水と食料が不足しても最悪強行する覚悟ではいたのですが、やっぱりこれがなかったら明日以降も厳しかったのは間違いありません。
自分の力量不足、無計画さを反省しっぱなしの夜。

ホント落ち込みました(;´Д`)
この先の旅路で見たい景色を見るためには、登坂は避けては通れないことはわかりきってるのに…本格的に峠が嫌いになってしまいました。
だからせめて、目的を達成して自信を取り戻したい!
明日は曇り予報ですが、信じて進むしかありません!!



果たして御釜の姿を拝むことはできるのか!?



それではまた!



走行距離:31.93km
累計距離:9821km



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

0 コメント:

コメントを投稿