マジキリ。

大は小を兼ねる。
でも小は小なりの利点があると思います。








どうも、hina8maです。




出発まで後2週間を切りました〜。
さあドンドン準備進めていきますよー!




ずいぶん前にかばん。という記事で紹介してたリアバッグを購入したのでご紹介。
まあ紹介もなにもおもいっきりデカイですっていうだけですけどねw


Ortlieb Travel bag rack-pack XLというドラムバッグ。




なんと容量が89L




いや〜実物見て思ったのがめちゃくちゃデカイです。
たぶん自転車で日本一周する人でこれ持って行く人は今後いないと思う。
というかバイクの人でもあまりこの容量持って行く人いなさそう。




荷物が入りきらないなんて事はなさそうなので一安心。
でもこのデカイ領域に乱雑に荷物をぶち込むともう大変。




なので間仕切りを用意してみました。




それがコチラ。

なんて表現すればいいんだろう…。
箱ほど堅くなく、布ほど柔らかくない、みたいな。
これを2個用意して、今の所、アメニティやら服やら詰め込んでみようかなと思ってます。


続いて取っ手付きで大きめのサイズ。
コチラは取り出す頻度が高いもの、つまり調味料や食材を詰め込もうかなと思います。





直接かばんを持って行って寸法計って購入したのでほぼぴったりなサイズです。
全部綺麗に分けれなくても大まかにかばんの中のスペースが分けれれば、なにかと整理しやすそうな気がします。




後、かばんはドラムバッグなのでちょっと丸みを帯びてるんですよね。
だから完全な箱の入れ物をいれちゃうと余分なスペースが出来るし、かばんも痛むかなと思ってこんな感じにしてみました。



 

そんな事してると旅に連れて行きますよ、ひなたくん。




それではまた!





<最後に>
最後までご覧頂いてありがとうございます。
当Blogページ内にあるカラフルな日本一周ロゴを1日1回クリック頂ければより多くの方に見て頂けるきっかけになりますのでご協力頂けるととても嬉しいです。
スマホの方はお手数ですがBlog最下部の"ウェブバージョンを表示"を押して、読み込みし直して頂ければ表示されますので宜しくお願い致します。

4 コメント:

  1. 私は日本一周の際カブの後部に90リットルの箱を載せていたのですが、旅を通して得たコツは「なるべく箱の中に積まない」「箱の中を空けておく」という事でした。夕食の材料を買い出した時や、急に気温が上がって上着を脱ぎたくなった時など、後ろのバッグの中にすぐに放り込めるようにしておくと楽だと思います。

    返信削除
    返信
    1. >ビート★さん

      バイク乗りさんってやっぱり容量大きいんですねー!
      確かに道中買い足したものとか着替えは頻繁に出し入れしそうだし、今の構想だと荷物の上に荷物を積む事になりそうなので、もうちょっと工夫が必要そうですね…。
      アドバイスありがとうございます!

      削除
  2. たしか、同じバッグを自転車に積んでた人見たことがあると思う。
    その人はピストバイクの後ろにキャリーを牽引させて、その上に積んでたなぁー
    黒かったから、今までであった人に白いペンで寄せ書き書いてもらってたよww

    返信削除
    返信
    1. >べーすけさん

      キャリー牽引、確かにそれならいけますねw
      変わった自転車で日本一周したいと思ってたから一時期僕もキャリー牽引しようかと思った事ありますよww

      寄せ書き楽しそうですね♪雨とかで文字が消えないもんなんですかねー?
      消えないなら僕も書いてもらおうかな〜。

      削除