かやぶきの里へ - 帰宅編 -

帰るまでが遠足。
タイムカプセルにでも乗って、あの日の自分に言ってやりたいぐらいです。








どうも、hina8maです。






帰宅編という表題ですがすいません、反省編です。
もう誇張でもなんでもなく、とにかくひどい一日でした。
この日一番悲しかった事、それが冒頭の写真のBook Stoolの破損でした。
詳細は後ほどお話します。






ちなみに帰宅途中の写真はほぼありません。
かやぶきの里へ無事辿り着いたものの、気温が低い影響なのか、一眼レフカメラの充電がなくなり、帰りは写真ほぼ撮影をする事が出来ませんでした。
文字ばかりのつまらない内容にはなりますがご容赦下さいませ。
では当日の様子をどうぞ。






13:00にかやぶきの里を出発。
前回の記事でお話した通りかなーり焦ってます。
前日8:00に出発し、休憩やら宿泊やら挟んだとはいえ到着が翌日12:00前ですからね…。明日朝から仕事なのに日付変わってしまうのだろうか、なんて考えながら出発致します。





とにかく走行中に休むことは考えないようにしました。行きの時に思ったんですけど、自転車の漕ぎ方が非常に効率が悪かったのではないかと考えてて、少しずつペダルを踏むポイントをずらしたり、ギア比を細かく調整しながら試行錯誤。
そもそもアップダウンの続く山道で、せっかく登っても、休憩がてら一切漕がずに下っていたのでは距離は稼げなかったんですよね。






だからとにかく下りの時はスピードにのったら最大限ギアを重くして出来るだけ勢いよく進み、次の登り坂まで出来るだけスピードを維持しつつ走るようにしました。
これでなだらかな登り坂は自転車から下りる事なく進む事ができ、結局半分近い時間で道の駅まで戻る事に成功。
この時点で15:15
残りの距離が50km






道の駅についたら足湯に浸かり16:00まで休憩。かなり飛ばして来たので足がかなり重い。
ここで昼食がてら、食パンとマーガリン購入し食しました。






ここで休憩したのが災いしたのか、ガクっと足に力が入らなくなる。
だいぶ効率的な走り方が見つかって、調子よく道の駅まで戻って来たつもりですが知らず知らず蓄積してた疲労が一気に表面化します。





ここから初日カイロなどを買った市街地まで走り、すぐに山道へ。
もう限界も限界でしたが、帰るだけですしなんとか平地でも重い足でペダルを回します。
そして…






真っ暗闇のR477の山中へ…






行きで通った時にちゃんと気付くべきでしたが、街灯が一切ありませんでした。
暗い所が大の苦手なのでもう本当に色んな意味で恐ろしい道でした…。
1m先が真っ暗で何も見えない道。うっすら見えるのは側道の白線ぐらい。





元々和歌山へ行く予定で、ナイトランなど微塵も想像していなかったのがいけなかった。
たまに通る車の方には大変申し訳ない気持ちでいっぱいでした…。
とにかく自分の視界が暗いのはこの際仕方がないので、全後方から車が来た場合には一旦立ち止まりランタンを車が来る方角に向けて、こちらの存在に気付いてもらうようにしてました。




下りになっても目の前が真っ暗なので、ランタンで目の前を照らしながらゆっくりと下る感じで、精神的にもこの道はくるものがありました。
結局2時間ほどかけてこの山道を抜け、 池田市へ。






ちょうど山道を抜けて、明るい道へ出た直後にちょっとした衝撃でランタンの電気が切れるように。さらにそこから100mほど進むと、括り付けていた寝袋が荷台から落ちてしまいました。これが先ほどの山道で起こっていたら思うと、本当に怖かったです。






ここで荷物を括り直したんですけど、もっと入念にチェックするべきでした。
自宅まで残り7kmほどの地点で、Book Stoolが荷台から落下…。破損してしまいました。
極度の疲労も相まって、しばらくその場で放心してました。
あとちょっとって所で完全に気が抜けてしまってたんですね。





さらに帰宅まで後500mもない地点で細い通路でフラついてバランスを崩し、ハンドルが周り過ぎ、ライトがフレームに干渉。付け根から折れてしまいました。
ついでに言えば、ハンドルに取り付けしてたiphoneがあと数cmずれてたらドブにダイブしそうにもなってました。

帰宅後撮影しました。
くるっと回して固定するんですけど、爪が折れてしまい取り付けができなくなってしまいまいました。





もうなんていうんですかね。
なんとも言えない気持ちでの帰宅でした。
ちなみに帰宅時間は22:00でした…。
頑張ったかいがあってだいぶ早く帰って来れましたね。



 

帰宅したら、グタっとするかと思ったんですけどもうとにかくひたすらすぐに片付けと入浴を済ませ、すぐに眠ってしまってました。
何も考えたくなかったんでしょうねー。






そしてお話した通り、翌日は脚がエラい事になりもうなにがなんだか。





Blogを綴るのはこういう時にいいですね。
当日の写真を見ながら、冷静に振り返る事が出来ました。
最終的にはやっぱりこのツーリング行って良かったかなと。





かやぶきの里も撮影出来ましたし、自転車の漕ぎ方も真剣に考えるようになりました。
何より今の自分の見通しの甘さや、計画性のなさを本当に痛感しました。
自分のこだわりを貫きながら楽しんで旅をする難しさを知りました。





次に生かしてこそだと思いますし、落ち込んでばかりもいられません。





今回破損してしまったライトなのですが、自転車の最終調整の際にお見せして安価でパーツの交換が出来なければ、今回の旅では再度取り付けはしないかもしれません。
元々漕がないと点灯しない仕組みのライトですし、補助的な役割と考えてライトは別で用意するように言われていたので、明るい電池式のライトを用意しよかなと思ってます。





そしてBook Stoolですが、元々丈夫な木を使っていて接着面が衝撃で剝がれてしまっただけのようなので、こちらは修繕可能だと思います。
ただ、元々こういう旅の道具として考えられていなかったものなのでこの子を連れて行こうというのは僕のわがままだったのかな…って今すごく悩んでいます。






Work BikeとBook Stoolが並んだ写真を見て「これだ!」って。
どんだけ重かろうが、非効率だろうが旅を共にしよう、そう思っていたんですけど。
天板は衝撃で傷がいっぱいついてましたし、落下して壊してしまったし、本当に大事にしていると言えるのかなって思いました。
数日経った今でも答えが出ませんが、僕にとっては本当に大事な事なので出発までにしっかりと考えたいと思います。





出発まで本日でちょうど1ヶ月前となりました。
まだまだ課題が山積みですが、良い旅に出来るよう準備を進めていきたいと思います!



 

それではまた!





<最後に>
最後までご覧頂いてありがとうございます。
当Blogページ内にあるカラフルな日本一周ロゴを1日1回クリック頂ければより多くの方に見て頂けるきっかけになりますのでご協力頂けるととても嬉しいです。
スマホの方はお手数ですがBlog最下部の"ウェブバージョンを表示"を押して、読み込みし直して頂ければ表示されますので宜しくお願い致します。

4 コメント:

  1. おはようございます。
    美山のツーリングお疲れさまでした。
    本調子に戻るのには多少時間がかかりますが万全に整えましょう。

    帰りの夜道はランタンの光だけ?
    ダイナモライトは点かなかったのでしょうか?
    あの光だけではさすがに怖いですよね
    車からも人魂にみえますよ^^;

    今回の事がスタ-トするための準備と思い
    ステップアップしてください。
    人間、失敗して得るものも大きいですから。。

    ダイナモライトの爪、割れちゃってますね。
    割れた先っぽの方もまだありますか。
    あるのであればリペアしてみましょうか。
    うまくくっつくか保障できませんが。。。

    電池式ライトも自転車専用ではないですが
    普通のLEDライトを明るくしたものがあるのお使いください
    ハンドルにバンドで留めるタイプのものです
    Gripsと一緒に届けて置きます

    返信削除
    返信
    1. >HYさん

      ありがとうございます!
      痛みは全然なくなったのですが微妙に違和感が残る感じなので出発までには出来るだけ万全な状態にもっていけるように頑張ります。

      夜になってから気付いたのですがダイナモライト点かなかったんです…。
      本当にあの夜道は震え上がりましたよ〜。灯りって大事ですねw

      暗い草むらの中だったので爪の救出は出来ませんでした…。
      LED電球に関してはなんとか拾い上げたので手元にあります。
      写真に映っている片方の爪もかなり疲労してたみたいで折れてしまい現在は全く取り付けが出来ない状態なのでパーツごと交換しか手はなさそうです。
      お心遣いありがとうございます!

      UENPUさんから連絡頂きました、早速届けていただいたようで…。
      色々なサポート頂いて本当にありがたいです。

      自分の仕事休みとUENPUさんの営業日の兼ね合いで来週浅葱さんを預ける事になりそうです。その際に現物確認させて頂きますね!

      削除
  2. お疲れ様でした。
    ここまでなっていらっしゃったとは想像以上でした。
    しかし、一応体の方は無事?で何よりです。(靱帯痛めてられましたが・・・)

    今回のツーリングは問題点がかなり浮き彫りになってよかったのではないですか?
    事前に何もせずに旅をスタートし、旅中にこんなことなっていたら正直笑えませんよね。

    失敗は成功の元!今回をバネに良き旅になることを祈ってます。

    返信削除
    返信
    1. >たけもさん

      ありがとうございますー!
      とりあえずなんとか帰って来れましたし、現在は普通に生活する上で支障をきたす事がない状態まで回復できたので良かったです^^

      仰る通りスタートしてから気付いてたら大変な事になってたと思います。
      失敗は成功の元!まさにですねw

      これを教訓にいい旅が出来るよう準備を進めたいと思います!

      削除